東芝ビジネスエキスパート株式会社

答えのない時代の人材開発を考える
~持続的な企業価値の向上と人的資本~

DX(Digital Transformation)やカーボンニュートラルに起因する産業構造の変化や、ジョブ型雇用の推進、人口減少・社会構造の変化の中で、企業と人材を取り巻く環境は大きな転換期を迎えています。また、新型コロナウィルス感染対策を機とするリモートワークの進展や、就業面からのウェルビーイング(Well-being)の向上など、多様な働き方への関心も高まり、個人の価値観やキャリア観の変化など、誰もがこれまでとは異なる働き方を実感する社会になっています。
2020年9月に経済産業省から発表された「持続的な企業価値の向上と人的資本に関する研究会報告書~人材版伊藤レポート~」では、「持続的な企業価値の向上を実現するためには、ビジネスモデル、経営戦略と人材戦略が連動していることが不可欠である。一方、 企業や個人を取り巻く変革のスピードが増す中で、目指すべきビジネスモデルや経戦略と、足下の人材及び人材戦略のギャップが大きくなってきている。」という経営課題が提起されています。
芝大門塾は、DXの推進や変化し続ける事業戦略に対応する組織開発・人材開発に対し、お客様別の課題解決のためのコンサルティングを 通して人材活用・育成支援プログラムを提供いたします。

持続的な企業価値の向上と人的資本 概要

報告書のサマリー

伊藤レポートが語る、3つの視点

3つの視点(Perspectives)

①経営戦略と人材戦略の連動

企業を取り巻く環境が急速に変化する中、持続的に企業価値を向上させるためには、経営戦略・ビジネスモデルと表裏一体でその実現を支える人材戦略を策定・実行することが必要不可欠です。企業ごとに経営戦略やビジネスモデルは異なるため、企業は自社の戦略やビジネスモデルに向き合い、自社に適した人材戦略を考える必要があります。一方で、経営戦略の実現に必要な人材ポートフォリオの充足や多様な個人・組織の活性化など、各社に共通する要素や視点も存在します。こうした共通要素や、自社の経営戦略上重要な人材アジェンダについて、具体的な戦略・アクション・KPIを考えることが有効です。

経営課題と人材戦略上の課題は直結

②As is-To beギャップの定量把握

人材戦略が、ビジネスモデルや経営戦略と連動しているかを判断するためにも、As is‐To beギャップを定量的に把握することが必要となります。人材アジェンダごとにKPIを用いて、目指すべきの姿(To be)の設定と現在の姿(As is)を把握し、“As is‐To beギャップ”を定量的に把握することが求められます。また、人材戦略の策定段階だけではなく、実行段階においてもAs is‐To beギャップを定量的に把握し、PDCAサイクルを通して人材戦略を継続的に見直していくことも重要になります。

③企業文化への定着

企業文化は、日々の活動や取り組みを通して醸成されるものです。企業は、企業理念や存在意義(パーパス)、持続的な企業価値の向上につながる企業文化を定義し、企業文化への定着に向けて取り組むことが必要です。企業文化は、人材戦略の実行プロセスを通して結果として醸成されるものであり、人材戦略を策定する段階から企業文化を見据えることが重要です。企業文化の定着化に向けて、経営トップ自らが粘り強く発信していくとともに、企業文化に関しても、適切なKPIを設定し検証することが求められます。

デジタル時代の人材育成 ~自社の状況に沿った育成計画の必要性~
社員のITリテラシーの向上に関する施策状況を尋ねたアンケート結果によると、日本企業は「社内研修・教育プランを実施している」が22%に対して、米国では54.5%です。日本企業は「実施していない」が53.7%であり、日米で施策の実施状況に大きな差が出ていることがわかります。
日本企業では、ITリテラシーを高めることが重要と認識されているものの、自社の現状を十分に把握し適切な研修を実施できていないことがわかります。現状把握とあるべき姿のギャップを埋めるための、社員のリスキル・学びなおしを推進する施策の実施が求められます。

ITリテラシー向上施策

出典:DX白書2021 日米比較調査にみるDXの戦略、人材、技術
IPA(独立行政法人情報処理推進機構)

芝大門塾が考える、5つの共通要素

変化の激しい時代に企業が事業を継続するには、従来のビジネモデルにとらわれずに新たなビジネスのあり方や新しい価値を創出することが喫緊の課題です。伊藤レポートに掲げられた「5つの共通要素」は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進しスピード感をもって変革に取り組む多くの企業に共通する要素であると考えます。私たち芝大門塾は、「 5つの共通要素」の視点から、DXを推進し変革と新たなビジネスモデルを創出する人材の育成を支援します。

5つの共通要素(Common Factors)

①動的な人材ポートフォリオ

①動的な人材ポートフォリオ

中長期の将来的なビジネスゴールからバックキャストして人材ポートフォリオを構築し、経営戦略と連動したDX人材の育成や確保に取り組むことが経営陣に求められ、それが企業の競争力にも直結します。現業の専門知識のみでなく、多くの社員がデジタルリテラシーを向上させ顧客志向でビジネスを考える力を身につけることが、持続可能な価値の創出につながります。

動的な人材ポートフォリオ
②知・経験のダイバーシティ&インクルージョン

②知・経験のダイバーシティ&インクルージョン

かつての日本企業が強みとした組織の協働は、イノベーションが生まれにくい面もありました。イノベーションの創出には、他業界での経験や専門性、価値観、感性を持つ多様なチームの協働が必要です。
芝大門塾では、多様な考えを受け入れ共創する文化を広げるために、思考力を強化する体験型の研修やワークショップを拡充しています。

③リスキル・学びなおし(デジタル・創造性など)

③リスキル・学びなおし(デジタル・創造性など)

リモートワークの普及や業務のデジタル化が進み、将来の働き方に変化が見込まれるなか、すべての社員がITリテラシーを高めてITツールを活用することは必要不可欠です。さらに、専門性の高いDX人材の育成には、率先して「リスキル」の実践が求められます。また、ITやAIでは代替されない人間らしさや、付加価値の創出につながる創造性やデザインなどのスキルもより一層重要になります。人材戦略に沿った「リスキル」の推進には、人材アセスメントやICTスキルアセスメントを用いて現状(As-Is)を可視化し、経年経過を計り目標(To-Be)に対する学習効果を見える化するのが有効です。効果測定により、研修担当者には育成内容の見直しの参考に、社員にとっては学ぶモチベーションの維持につながります。
芝大門塾では、アセスメントや課題に沿ったリスキル・学びなおしの研修プログラムを提供し、総合的に人材育成をサポートします。

DXを推進する人材戦略に重要な「リスキル」

「リスキル」とは、経済産業省の資料(リクルートワークス研究所)では、「新しい職業に就くために、あるいは、いまの職業で求められるスキルの大幅な変化に適応するために、必要なスキルを獲得する/させること」と定義されています。
近年では、デジタル化の進展にともない生じる新たな職種・職業や、デジタル化による大幅な業務変更に順応するためにスキルを習得することとして使われています。

リスキル
④従業員エンゲージメント

④従業員エンゲージメント

企業理念や存在意義(パーパス)、経営戦略やビジネスモデルなど、経営陣が情報をオープンにすることが社員の主体性を育てます。また、人生100年時代を見据え、企業としても個人の自律的なキャリア形成を支援することが求められています。
芝大門塾では、企業理念や経営戦略を自分事として考えるワークショップやキャリアデザイン研修のほか、各種アセスメントの実施およびアセスメント分析後のキャリアオーナーシップを育むワークショップなど、各種プログラムをご用意しています。

⑤時間や場所にとらわれない働き方

⑤時間や場所にとらわれない働き方

リモートワークが日常化し、離れた場所で働く多様なメンバーを束ねるマネジャー・リーダーのマネジメントスキルやリーダーシップがより重要になります。さらに、リモートワークで業務が完結できるよう業務プロセスの見直しも求められます。
芝大門塾では、新入社員から管理職まで階層別に、DX時代に学んでおきたいコミュニケーション手法などの知識・スキル研修、RPA導入を推進する研修などを揃えています。体験型の集合研修やオンライン研修、時間や場所にとらわれないオンデマンドで学ぶ学習コンテンツなど、教育目的に合わせてご提供します。

プログラムの紹介と活用事例

芝大門塾では目的別のプログラムをご用意しています。定期開催の講座をはじめ、個社(個事業別)の課題や目的にあわせて、オーダーメイド研修も承ります。

研修をお探しの方の困りごと提供プログラム
全社員のICTスキルの向上や、DX・CPSで貢献する人材へのリスキル・アップスキルを目指したいDX人材育成プログラム
DXはIT技術に加えて、ビジネス知識・トレンドの把握、人間力は欠かせません。変革する社会に必要な知識・意識・行動が身につきます。
現場にAI を導入し、効率化や価値創出を実現する人材を育成したい
AI人材育成プログラム
IoTやセンサーなどから集積されたビッグデータの解析をするAIアナリスト・エンジニアや、それらのデータで顧客課題を解決する人材が育ちます。
働き方改革や業務効率化を推進する人材を育成したいRPA導入推進人材育成プログラム
働き方改革や業務効率化に向けてRPAを導入していくための業務分析・フロー化などプロセスがわかります。
すべての事業・業務がI T化する中で、情報セキュリティの知識とスキルを高めたい情報セキュリティ人材育成プログラム
初めて情報セキュリティに携わる方から、セキュリティを考慮したネットワーク・システムの設計・構築を担当する方に、実務的なスキルが身につきます。
柔軟な思考と発想力、論理的な思考を高めたい考える力を高める”思考法”育成プログラム
ビジネスに不可欠な「創造的思考」と「論理的思考」を学び、考える力を鍛錬できます。
コミュニケーション力の向上を実践的に学ばせたい“体験型”で身につけるコミュニケーション力育成プログラム
ビジネスの円滑な推進には高いコミュニケーション力が不可欠です。対面型・オンライン型を問わず体験型で学べます。
マネジメントを論理的・実践的に身につけさせたいマネジメント研修プログラム
役職者・プロジェクトマネジメント

変化する社会の中で、各階層のマネジメントやプロジェクトのマネジメントの範囲は広がり、多様化しています。今必要な、リーダーシップを学べます。
社会人に必要なスキル・知識のファーストステップを押さえたい新人塾
新人研修/フォローアップ研修

社会人に求められる「人間力」「仕事力」「ICTスキル強化」で、DX人材へのはじめの一歩を踏み出せます。
(1名様から参加可能)
働く一人ひとりのスキルの棚卸や、働くビジョンを主体的に描かせたいキャリアデザイン研修プログラム
自身の強み・特性を自己で気づき・活かす、キャリアデザインに取り組めます。
トップに戻る