東芝ビジネスエキスパート株式会社

人的資本経営の考え方に学ぶDXの進め方

急速なテクノロジーの進化への対応やデジタル化の深耕、世界的な脱炭素への取り組み、コロナ禍における働き方の意識変革など、私たちを取り巻くさまざまな社会環境において、企業や組織の経営戦略:「持続的な企業価値の向上」は重要な課題です。
一方、2020年9月に公表された「持続的な企業価値の向上と人的資本に関する研究会 報告書~人材版伊藤レポート~(経済産業省)」は、企業の競争力の源泉が人材(人財)であるという認識のもと、「持続的な企業価値の向上」と「人的資本(Human Capital)」の連動は不可欠であると報告し反響を呼んでいます。
芝大門塾は、ビジネス変革をもたらすDXを担う人材育成のための研修プログラムの提供をはじめ、社員一人ひとりの働きがいやキャリア形成を支援する「人と組織」の開発プログラムを提供します。

  • 人材の特性や知識・スキルを定量・定性的に確認・分析する「人材の見える化」や自己認知
  • ITリテラシーの底上げ
  • DX人材の育成計画策定と研修プログラムの提供
  • マインド変革や文化の醸成につながるワークショップ

企業の競争力の源泉は「人材」である
「人材」から「人財」へ~ 人材戦略の変革の方向性

人的資本経営とは、人材を「資本」として捉え、その価値を最大限に引き出すことで、中長期的な企業価値向上につなげる経営のあり方です。これまでは企業がコストとみていた人材(人件費)を、企業の成長の源泉となる資本として捉え、人材の価値を最大限に引き出していくことが求められます。

視点1 経営戦略と連動した人材戦略を支援

「DXを推進するには、何から着手すればいいのか?」という相談が増えています。
私たちは、経営戦略とのつながりを意識しながら、人材に関する自社の課題について経営陣が共通意識を持つプロセスが重要と考えています。そのうえで、経営陣から管理職、一般社員まで具体的なアクションやKPIを策定し、ブレイクダウンして全社に浸透させるプロセスをお勧めしています。
芝大門塾は、お客様企業の事業課題や人材面の悩みを引き出し、明確化する支援をします。

視点2 As is-To beギャップの定量把握を実現するアセスメント

人材戦略が経営戦略と連動しているかを判断し、人材戦略を継続的に見直していくうえで、目指すべき姿(To be)を設定し、現在の姿(As is)とのギャップを定量的に把握することは重要です。
アセスメント結果の定量データを、人事部門だけではなく、事業部門や社員個人にも適切な範囲で共有することで、必要な人材の獲得や、社員一人ひとりによる主体的なリスキルや学び直しにも効果が期待されます。
DX人材の育成においては、各社アセスメントを組み合わせ、人材の特性や人間力、イノベーション人材に求められる要素、IT人材に求められる知識やスキルを定量的かつ定性的に分析し、人材を見える化します。
また、社員は自らの現在地を客観的に認識することで、目標設定や将来のキャリアパスを考え、学び続けるモチベーションの維持につながります。
芝大門塾は、お客様企業のAs is-To beギャップを踏まえ、さらなる成長に向けた育成計画や研修プログラムを提供します。

視点3 企業文化の定着のための取り組み

企業は、持続的な企業価値向上のため、企業理念や存在意義(パーパス)を再定義して、その定着に向けて取り組むことが必要です。
企業理念やパーパスを社員に浸透させるためには、管理職は社員との双方向のコミュニケーションに努め、社員の仕事上の思いややりがいを傾聴し対話することが重要であり、それが社員の自発的な行動や姿勢を引き出し、結果として企業理念や存在意義(パーパス)の浸透につながります。
芝大門塾は、DX推進の方針の理解や企業理念の浸透など、マインド変革や文化の醸成につながるワークショップ、コミュニケーション研修などを通して一人ひとりが自分ごととして考えるための支援をします。

●HPIフレームワークのプロセス

持続的な企業価値の向上と人的資本に関する研究会 報告書
~ 人材版伊藤レポート ~ 2020年9月 経済産業省

DXを推進する人材戦略に重要な「リスキル」

リスキルとは「リスキリング(Re-skilling)」のことで、経済産業省が公開している資料では、「新しい職業に就くために、あるいは、今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に対応するために、必要なスキルを獲得する/させること」と定義されています。
昨今、リスキルやアップスキル・学び直しなどさまざまな表現が使われています。「芝大門塾のご案内」では、新しい職業・デジタル職種に就くためにスキルを習得することだけではなく、現職でステップアップするためのデジタルスキル習得も、デジタル技術で価値を創造することにつながることから「リスキル」と定義します。

ITリテラシーの底上げ

DXを進めるためには、まず全ての社員がデジタルリテラシーを習得することが重要です。芝大門塾では、ITを専門としない社員向けに、IT用語の基礎知識やビジネストレンドなどデジタルリテラシーを向上させるための学習ツールを提供しています。

  • DXリテラシー講座
  • DX Study/DX Study Biz
  • ITトレンド丸わかり
  • RETOMO

エンゲージメントを高めるための取り組み

経営戦略の実現に向けて、社員が能力を十分に発揮するためには、社員がやりがいや働きがいを感じ、主体的に業務に取り組むことができる環境の整備が重要です。その際、企業の理念、存在意義及び文化の浸透度合いから、ダイバーシティ&インクルージョンの達成状況、さらに時間や場所にとらわれない多様な働き方などさまざまな要素が複合的に関係します。
持続可能な事業の成長と多様な個人の成長の方向性を一致させるには、画一的なキャリアパスではなく、一人ひとりにさまざまな経験や機会の提供が求められます。社員のキャリア志向に沿った適切なアサインメントにより、新しい職務や、より高度な職務への挑戦を促すことで、エンゲージメントレベルが向上し、その社員の持つポテンシャルが最大限活かされます。
芝大門塾では、管理者・リーダーと部下の1on1によるコミュニケーションや個人の自立的なキャリア開発を促すキャリア研修、社員のモチベーションを向上させるワークショップなど、お客様企業の課題に寄り添った研修を企画提案します。

DX人材育成プログラム

お客様企業のビジネスゴール、ありたい姿に合わせてDX人材を定義し、必要なスキル、知識、マインドを習得する育成計画を策定します。お客様に合わせてチューニングをし、継続的にDX人材の育成を支援します。

サービス概要 詳細 対象者
DX推進ビジョン・方向性の確認
・ ワークショップ形式(全員参加型ビジョン共有会)またはヒアリング
・DXビジョンや体制、計画の確認
・現行の教育体系の確認
・DX人材への期待や人材計画の確認

経営層

企画者

アセスメントの選定・受診
・ IT技術力/人間力/ビジネス力に関するアセスメント実施
・パーソナル・アジェンダorイノベーティブ人財診断
・DX検定orDXビジネス検定
・GAIT2.0
受診者
アセスメントの分析・報告
・ アセスメントの結果の全体分析、分析結果の報告会
・ 課題確認・共有( 不足スキル・知識)
・ 育成対象者の選定や具体的なロードマップ案の策定
・ DX推進のための育成対象者の選定
・ DXスキル(研修受講・資格取得等)の必要性理解と行動促進
・ 複数アセスメントの分析と課題の洗い出し

経営層

企画者

DXマインドワークショップ
・ DX活動(変革)の自分事化
・ アセスメント・検定・読み方セミナー
・アセスメント・検定の自己分析により自己認知と目標への主体性を高める
・DX活動(変革)意識をワークショップ形式で醸成
受診者
DXマインドワークショップ(組織長)
・ DX活動(変革)を組織として考える
・ アセスメント・検定・読み方セミナー
・ 部下認知、育成計画の策定
・ 部下のやる気を引き出すかかわり方(コーチングの要素)
・受診者上長向けにDX意識を醸成する
・部下育成を組織長同志で検討する機会
・全社活動として風土を醸成する
・部下のキャリア開発への関心を高める
組織長(受診者上長)

プログラムの紹介と活用事例

研修をお探しの方の困りごと 提供プログラム アセスメント・プログラム・活用事例
全社員のITスキル向上やDX人材を育成したい DX人材育成プログラム アセスメント DX人材ベーススキル育成プログラム
業務効率化推進人材育成プログラム
事例1 DX人材育成
事例2 共創力強化研修
事例5 アジャイル開発演習
現場にAIを導入し、効率化や価値創出を実現する人材を育成したい AI人材育成プログラム AI人材育成プログラム
事例4 AI基礎知識を学ぶ
若手社員のモチベーションを向上させたい コミュニケーション力育成プログラム 「体験型」で身につけるコミュニケーション力育成プログラム
事例9 コミュニケーション研修
マネジメントを論理的・実践的に身につけさせたい プロジェクトマネジメント人材育成プログラム プロジェクトマネジメント人材育成プログラム
トップに戻る