東芝ビジネスエキスパート株式会社

パフォーマンスの見える化

芝大門塾では、さまざまな人材アセスメントやICTスキルアセスメントなどから、人材パフォーマンスの見える化を行い、企業のビジネスゴール達成のために必要な課題を顕在化させ、総合的に人材育成をサポートします。
芝大門塾で取り扱っている、代表的な分析ツールをご紹介します。

  • パーソナル・アジェンダ (詳細はこちら
    人材を個性(適性・資質)と人間力(コンピテンシー)の両面から診断し、現在のビジネス能力を可視化します。
    さらには現状の行動特性と適性・資質を同じ視点で比較する事で成長の可能性をも可視化できます。
  • 社会人基礎力診断 business
    職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎力を「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの力、12の能力要素で診断します。
  • GAIT2.0 (Global Assessment of Information Technology 2.0) (詳細はこちら
    特定のベンダーに依存しないICTスキルアセスメントのデファクトスタンダードです。世界中のICTに携わる方が対象です。
    2021年にはDX人材に求められるDX技術、DX利活用をフィールドとして追加しました。
  • e-GAIT2.0 (Global Assessment of Information Technology)
    企業におけるDX推進のためには業務担当者にもITリテラシーの向上が求められます。
    業務担当者向けにe-GAIT2.0が新設されました。
  • DX Study/DX Study Biz( アセスメント型eラーニング)(詳細はこちら
    DXの活用やDXビジネスの基礎となる用語を短期間で学習するコンテンツです。
    アセスメントツールとして簡易的な知識レベルの測定もできます。
  • PRISM~360度多面評価ツール~
    ビジネスに有効な23の評価項目(ビジネスコンピテンシー)を用いた、次世代のビジネスリーダー向け360度多面評価ツールです。
  • イノベーティブ人財診断(詳細はこちら
    イノベーティブ人財に関わる170の項目超の能力要素をサーベイし、異なる5つのイノベーティブな人財像タイプを定義します。

※詳細はお問い合わせください。

アセスメントの活用例

トップに戻る