東芝ビジネスエキスパート株式会社

業務効率化推進 人材育成プログラム

業務効率化により、コスト削減や時間短縮を図ることができ、そこからより創造的な活動に割く時間が増やせます。DXを推進することは、業務効率化につながります。RPAの導入計画はDX推進の第一歩といえます。
RPA導入にあたり業務内容やフローを見直し、自動化すべき定型業務を見極めます。RPAからさらにAIを使った業務分析や、業務全体の自動化などへとDXを推進していくことで、より業務効率化が推進されます。
芝大門塾では、RPAからDXへと業務効率化を推進する人材育成の基礎プログラムを提供します。

Class1:RPA 人がパソコン画面上で行う単純操作を自動化できる段階

例)クリック、文字入力、コピー、ペーストなどのさまざまな操作を、アプリケーションをまたいで実行する

Class2:EPA RPAの機能に加え、分析作業まで自動化できる段階

データから規則性を見つけ出し、将来を予測し提案する
例)商品の売れ行き、顧客の推移などさまざまなデータをもとに、事業計画に必要な予測レポートを作成する

Class3:CA 分析結果の良し悪しを認知し、どうすべきなのか意思決定できる段階

高度なAIとの連携により、ディープラーニングを通してロボットが自ら成長していく。また、数値データだけでなく言語を理解し判断することにより、人間同様の業務を任せることも可能になる
例)コールセンターや電子メールなどに来た問い合わせに応答し、解決後にその案件を記録として残し、
  更に今後の対応に活かすというプロセスを自動で行う

トップに戻る