東芝ビジネスエキスパート株式会社

CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)【4日】

概要

研修グループ名CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)【4日】研修タイプハイブリッド研修(組み合わせ)
研修グループ名
CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)【4日】
研修タイプ
ハイブリッド研修(組み合わせ)

研修内容

CHFIv10は、サイバー攻撃等のセキュリティインシデントの痕跡を特定し、必要な証拠を適切に収集・分析する「デジタルフォレンジック」について習得するコースです。証拠であるデジタルデータの収集・検査・分析・報告プロセスにおける方法論や手順について学習します。また、WindowsやLinux等のPC環境だけでなく、ネットワーク、モバイル、クラウド、IoT等、様々な環境のデジタルフォレンジックにも触れており、非常に幅広い内容となっています。

1.今日の社会におけるコンピュータフォレンジック
2.コンピュータフォレンジック調査プロセス
3.ハードディスクとファイルシステムについて
4.データの取得と重複
5.反フォレンジック技術を打ち破る
6.ウィンドウズフォレンジック
7.LinuxとMacフォレンジック
8.ネットワークフォレンジック
9.Web攻撃の調査
10.ダークウェブフォレンジック
11.データベースフォレンジック
12.クラウドフォレンジック
13.電子メールの犯罪の調査
14.マルウェアフォレンジック
15.モバイルフォレンジック
16.IoTフォレンジック

効果(到達目標)

・インシデント対応に必要なデジタルフォレンジックの手順について説明できる。
・適切に証拠を保全し、検査・分析ができる。
・EC-Council CHFI(認定ハッキングフォレンジックインベスティゲーター)試験合格

対象

・サイバーフォレンジック調査員
・セキュリティエンジニア
・セキュリティコンサルタント
・インシデントレスポンダー
・SOCアナリスト
・インフラエンジニア
・ネットワークエンジニア
・システム管理者

教材

前提知識

下記のコースを受講された方、もしくは同等の知識をお持ちの方。
・EC-Council CND
また、下記のコース受講や実務経験があると講座内容がより理解しやすくなります。
・EC-Council CEH受講
・ネットワーク構築
・ネットワークトラブルシュート
・パケット解析
・ペネトレーションテスト
・デジタルフォレンジック

関連サイト

開催情報

お申し込みはこちらから

CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator) 2023/5/9~5/12 (オンライン・Zoom)(開催日:2023年5月9日~2023年5月12日)

概要

スケジュールコード10716研修コード02GFO028研修タイプハイブリッド研修(組み合わせ)
研修名CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator) 2023/5/9~5/12 (オンライン・Zoom)
カテゴリ技術研修/芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)437,800円定員(名)8
受講実施日数(日)4履修時間(H)32開催日程(期間)2023/05/09~2023/05/12
開催時間10:00~18:00開場時間9:30会場オンライン
スケジュールコード
10716
研修コード
02GFO028
研修タイプ
ハイブリッド研修(組み合わせ)
研修名
CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator) 2023/5/9~5/12 (オンライン・Zoom)
カテゴリ
技術研修/芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
437,800円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
4
履修時間(H)
32
開催日程(期間)
2023/05/09~2023/05/12
開催時間
10:00~18:00
開場時間
9:30
会場
オンライン

研修内容

CHFIv10は、サイバー攻撃等のセキュリティインシデントの痕跡を特定し、必要な証拠を適切に収集・分析する「デジタルフォレンジック」について習得するコースです。証拠であるデジタルデータの収集・検査・分析・報告プロセスにおける方法論や手順について学習します。また、WindowsやLinux等のPC環境だけでなく、ネットワーク、モバイル、クラウド、IoT等、様々な環境のデジタルフォレンジックにも触れており、非常に幅広い内容となっています。

1.今日の社会におけるコンピュータフォレンジック
2.コンピュータフォレンジック調査プロセス
3.ハードディスクとファイルシステムについて
4.データの取得と重複
5.反フォレンジック技術を打ち破る
6.ウィンドウズフォレンジック
7.LinuxとMacフォレンジック
8.ネットワークフォレンジック
9.Web攻撃の調査
10.ダークウェブフォレンジック
11.データベースフォレンジック
12.クラウドフォレンジック
13.電子メールの犯罪の調査
14.マルウェアフォレンジック
15.モバイルフォレンジック
16.IoTフォレンジック

効果(到達目標)

・インシデント対応に必要なデジタルフォレンジックの手順について説明できる。
・適切に証拠を保全し、検査・分析ができる。
・EC-Council CHFI(認定ハッキングフォレンジックインベスティゲーター)試験合格

対象

・サイバーフォレンジック調査員
・セキュリティエンジニア
・セキュリティコンサルタント
・インシデントレスポンダー
・SOCアナリスト
・インフラエンジニア
・ネットワークエンジニア
・システム管理者

教材

前提知識

下記のコースを受講された方、もしくは同等の知識をお持ちの方。
・EC-Council CND
また、下記のコース受講や実務経験があると講座内容がより理解しやすくなります。
・EC-Council CEH受講
・ネットワーク構築
・ネットワークトラブルシュート
・パケット解析
・ペネトレーションテスト
・デジタルフォレンジック

関連サイト

備考

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の14営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の13営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の13営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。
・受講者変更:コース開始日の7営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。

コース価格には、コース受講、iLabsのID(6か月間有効)、認定資格試験(コース開始後1年以内に受験が必要)バウチャを含みます。認定資格試験はコースの受講終了日以降に受験者自身で日程を決めて申込み、受験します。

持参品
・ASPENサイトのUsernameとPassword
・iLabsのUsernameとPassword
[参考] EC-Council認定プログラム ガイドライン
 https://www.topout.co.jp/trainings/ec-council_guideline.html

CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator) 2023/8/1~8/4 (オンライン・Zoom)(開催日:2023年8月1日~2023年8月4日)

概要

スケジュールコード10717研修コード02GFO028研修タイプハイブリッド研修(組み合わせ)
研修名CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator) 2023/8/1~8/4 (オンライン・Zoom)
カテゴリ技術研修/芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)437,800円定員(名)8
受講実施日数(日)4履修時間(H)32開催日程(期間)2023/08/01~2023/08/04
開催時間10:00~18:00開場時間9:30会場オンライン
スケジュールコード
10717
研修コード
02GFO028
研修タイプ
ハイブリッド研修(組み合わせ)
研修名
CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator) 2023/8/1~8/4 (オンライン・Zoom)
カテゴリ
技術研修/芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
437,800円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
4
履修時間(H)
32
開催日程(期間)
2023/08/01~2023/08/04
開催時間
10:00~18:00
開場時間
9:30
会場
オンライン

研修内容

CHFIv10は、サイバー攻撃等のセキュリティインシデントの痕跡を特定し、必要な証拠を適切に収集・分析する「デジタルフォレンジック」について習得するコースです。証拠であるデジタルデータの収集・検査・分析・報告プロセスにおける方法論や手順について学習します。また、WindowsやLinux等のPC環境だけでなく、ネットワーク、モバイル、クラウド、IoT等、様々な環境のデジタルフォレンジックにも触れており、非常に幅広い内容となっています。

1.今日の社会におけるコンピュータフォレンジック
2.コンピュータフォレンジック調査プロセス
3.ハードディスクとファイルシステムについて
4.データの取得と重複
5.反フォレンジック技術を打ち破る
6.ウィンドウズフォレンジック
7.LinuxとMacフォレンジック
8.ネットワークフォレンジック
9.Web攻撃の調査
10.ダークウェブフォレンジック
11.データベースフォレンジック
12.クラウドフォレンジック
13.電子メールの犯罪の調査
14.マルウェアフォレンジック
15.モバイルフォレンジック
16.IoTフォレンジック

効果(到達目標)

・インシデント対応に必要なデジタルフォレンジックの手順について説明できる。
・適切に証拠を保全し、検査・分析ができる。
・EC-Council CHFI(認定ハッキングフォレンジックインベスティゲーター)試験合格

対象

・サイバーフォレンジック調査員
・セキュリティエンジニア
・セキュリティコンサルタント
・インシデントレスポンダー
・SOCアナリスト
・インフラエンジニア
・ネットワークエンジニア
・システム管理者

教材

前提知識

下記のコースを受講された方、もしくは同等の知識をお持ちの方。
・EC-Council CND
また、下記のコース受講や実務経験があると講座内容がより理解しやすくなります。
・EC-Council CEH受講
・ネットワーク構築
・ネットワークトラブルシュート
・パケット解析
・ペネトレーションテスト
・デジタルフォレンジック

関連サイト

備考

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の14営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の13営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の13営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。
・受講者変更:コース開始日の7営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。

コース価格には、コース受講、iLabsのID(6か月間有効)、認定資格試験(コース開始後1年以内に受験が必要)バウチャを含みます。認定資格試験はコースの受講終了日以降に受験者自身で日程を決めて申込み、受験します。

持参品
・ASPENサイトのUsernameとPassword
・iLabsのUsernameとPassword
[参考] EC-Council認定プログラム ガイドライン
 https://www.topout.co.jp/trainings/ec-council_guideline.html

CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)  2023/11/7~11/10 (オンライン・Zoom)(開催日:2023年11月7日~2023年11月10日)

概要

スケジュールコード11928研修コード02GFO028研修タイプハイブリッド研修(組み合わせ)
研修名CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)  2023/11/7~11/10 (オンライン・Zoom)
カテゴリ技術研修/芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)437,800円定員(名)8
受講実施日数(日)4履修時間(H)32開催日程(期間)2023/11/07~2023/11/10
開催時間10:00~18:00開場時間9:30会場オンライン
スケジュールコード
11928
研修コード
02GFO028
研修タイプ
ハイブリッド研修(組み合わせ)
研修名
CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)  2023/11/7~11/10 (オンライン・Zoom)
カテゴリ
技術研修/芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
437,800円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
4
履修時間(H)
32
開催日程(期間)
2023/11/07~2023/11/10
開催時間
10:00~18:00
開場時間
9:30
会場
オンライン

研修内容

CHFIv10は、サイバー攻撃等のセキュリティインシデントの痕跡を特定し、必要な証拠を適切に収集・分析する「デジタルフォレンジック」について習得するコースです。証拠であるデジタルデータの収集・検査・分析・報告プロセスにおける方法論や手順について学習します。また、WindowsやLinux等のPC環境だけでなく、ネットワーク、モバイル、クラウド、IoT等、様々な環境のデジタルフォレンジックにも触れており、非常に幅広い内容となっています。

1.今日の社会におけるコンピュータフォレンジック
2.コンピュータフォレンジック調査プロセス
3.ハードディスクとファイルシステムについて
4.データの取得と重複
5.反フォレンジック技術を打ち破る
6.ウィンドウズフォレンジック
7.LinuxとMacフォレンジック
8.ネットワークフォレンジック
9.Web攻撃の調査
10.ダークウェブフォレンジック
11.データベースフォレンジック
12.クラウドフォレンジック
13.電子メールの犯罪の調査
14.マルウェアフォレンジック
15.モバイルフォレンジック
16.IoTフォレンジック

効果(到達目標)

・インシデント対応に必要なデジタルフォレンジックの手順について説明できる。
・適切に証拠を保全し、検査・分析ができる。
・EC-Council CHFI(認定ハッキングフォレンジックインベスティゲーター)試験合格

対象

・サイバーフォレンジック調査員
・セキュリティエンジニア
・セキュリティコンサルタント
・インシデントレスポンダー
・SOCアナリスト
・インフラエンジニア
・ネットワークエンジニア
・システム管理者

教材

前提知識

下記のコースを受講された方、もしくは同等の知識をお持ちの方。
・EC-Council CND
また、下記のコース受講や実務経験があると講座内容がより理解しやすくなります。
・EC-Council CEH受講
・ネットワーク構築
・ネットワークトラブルシュート
・パケット解析
・ペネトレーションテスト
・デジタルフォレンジック

関連サイト

備考

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の14営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の13営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の13営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。
・受講者変更:コース開始日の7営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。

コース価格には、コース受講、iLabsのID(6か月間有効)、認定資格試験(コース開始後1年以内に受験が必要)バウチャを含みます。認定資格試験はコースの受講終了日以降に受験者自身で日程を決めて申込み、受験します。

持参品
・ASPENサイトのUsernameとPassword
・iLabsのUsernameとPassword
[参考] EC-Council認定プログラム ガイドライン
 https://www.topout.co.jp/trainings/ec-council_guideline.html

CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)  2024/2/13~2/16 (オンライン・Zoom)(開催日:2024年2月13日~2024年2月16日)

概要

スケジュールコード11929研修コード02GFO028研修タイプハイブリッド研修(組み合わせ)
研修名CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)  2024/2/13~2/16 (オンライン・Zoom)
カテゴリ技術研修/芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)445,500円定員(名)8
受講実施日数(日)4履修時間(H)32開催日程(期間)2024/02/13~2024/02/16
開催時間10:00~18:00開場時間9:30会場オンライン
スケジュールコード
11929
研修コード
02GFO028
研修タイプ
ハイブリッド研修(組み合わせ)
研修名
CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)  2024/2/13~2/16 (オンライン・Zoom)
カテゴリ
技術研修/芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
445,500円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
4
履修時間(H)
32
開催日程(期間)
2024/02/13~2024/02/16
開催時間
10:00~18:00
開場時間
9:30
会場
オンライン

研修内容

CHFIv10は、サイバー攻撃等のセキュリティインシデントの痕跡を特定し、必要な証拠を適切に収集・分析する「デジタルフォレンジック」について習得するコースです。証拠であるデジタルデータの収集・検査・分析・報告プロセスにおける方法論や手順について学習します。また、WindowsやLinux等のPC環境だけでなく、ネットワーク、モバイル、クラウド、IoT等、様々な環境のデジタルフォレンジックにも触れており、非常に幅広い内容となっています。

1.今日の社会におけるコンピュータフォレンジック
2.コンピュータフォレンジック調査プロセス
3.ハードディスクとファイルシステムについて
4.データの取得と重複
5.反フォレンジック技術を打ち破る
6.ウィンドウズフォレンジック
7.LinuxとMacフォレンジック
8.ネットワークフォレンジック
9.Web攻撃の調査
10.ダークウェブフォレンジック
11.データベースフォレンジック
12.クラウドフォレンジック
13.電子メールの犯罪の調査
14.マルウェアフォレンジック
15.モバイルフォレンジック
16.IoTフォレンジック

効果(到達目標)

・インシデント対応に必要なデジタルフォレンジックの手順について説明できる。
・適切に証拠を保全し、検査・分析ができる。
・EC-Council CHFI(認定ハッキングフォレンジックインベスティゲーター)試験合格

対象

・サイバーフォレンジック調査員
・セキュリティエンジニア
・セキュリティコンサルタント
・インシデントレスポンダー
・SOCアナリスト
・インフラエンジニア
・ネットワークエンジニア
・システム管理者

教材

前提知識

下記のコースを受講された方、もしくは同等の知識をお持ちの方。
・EC-Council CND
また、下記のコース受講や実務経験があると講座内容がより理解しやすくなります。
・EC-Council CEH受講
・ネットワーク構築
・ネットワークトラブルシュート
・パケット解析
・ペネトレーションテスト
・デジタルフォレンジック

関連サイト

備考

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の14営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の13営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の13営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。
・受講者変更:コース開始日の7営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。

コース価格には、コース受講、iLabsのID(6か月間有効)、認定資格試験(コース開始後1年以内に受験が必要)バウチャを含みます。認定資格試験はコースの受講終了日以降に受験者自身で日程を決めて申込み、受験します。

持参品
・ASPENサイトのUsernameとPassword
・iLabsのUsernameとPassword
[参考] EC-Council認定プログラム ガイドライン
 https://www.topout.co.jp/trainings/ec-council_guideline.html

CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)  2024/5/7~5/10 (オンライン)(開催日:2024年5月7日~2024年5月10日)

概要

スケジュールコード15501研修コード02GFO028研修タイプハイブリッド研修(組み合わせ)
研修名CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)  2024/5/7~5/10 (オンライン)
カテゴリ技術研修/芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)445,500円定員(名)8
受講実施日数(日)4履修時間(H)32開催日程(期間)2024/05/07~2024/05/10
開催時間10:00~18:00開場時間9:30会場オンライン
スケジュールコード
15501
研修コード
02GFO028
研修タイプ
ハイブリッド研修(組み合わせ)
研修名
CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)  2024/5/7~5/10 (オンライン)
カテゴリ
技術研修/芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
445,500円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
4
履修時間(H)
32
開催日程(期間)
2024/05/07~2024/05/10
開催時間
10:00~18:00
開場時間
9:30
会場
オンライン

研修内容

CHFIv10は、サイバー攻撃等のセキュリティインシデントの痕跡を特定し、必要な証拠を適切に収集・分析する「デジタルフォレンジック」について習得するコースです。証拠であるデジタルデータの収集・検査・分析・報告プロセスにおける方法論や手順について学習します。また、WindowsやLinux等のPC環境だけでなく、ネットワーク、モバイル、クラウド、IoT等、様々な環境のデジタルフォレンジックにも触れており、非常に幅広い内容となっています。

1.今日の社会におけるコンピュータフォレンジック
2.コンピュータフォレンジック調査プロセス
3.ハードディスクとファイルシステムについて
4.データの取得と重複
5.反フォレンジック技術を打ち破る
6.ウィンドウズフォレンジック
7.LinuxとMacフォレンジック
8.ネットワークフォレンジック
9.Web攻撃の調査
10.ダークウェブフォレンジック
11.データベースフォレンジック
12.クラウドフォレンジック
13.電子メールの犯罪の調査
14.マルウェアフォレンジック
15.モバイルフォレンジック
16.IoTフォレンジック

効果(到達目標)

・インシデント対応に必要なデジタルフォレンジックの手順について説明できる。
・適切に証拠を保全し、検査・分析ができる。
・EC-Council CHFI(認定ハッキングフォレンジックインベスティゲーター)試験合格

対象

・サイバーフォレンジック調査員
・セキュリティエンジニア
・セキュリティコンサルタント
・インシデントレスポンダー
・SOCアナリスト
・インフラエンジニア
・ネットワークエンジニア
・システム管理者

教材

前提知識

下記のコースを受講された方、もしくは同等の知識をお持ちの方。
・EC-Council CND
また、下記のコース受講や実務経験があると講座内容がより理解しやすくなります。
・EC-Council CEH受講
・ネットワーク構築
・ネットワークトラブルシュート
・パケット解析
・ペネトレーションテスト
・デジタルフォレンジック

関連サイト

備考

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の14営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の13営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の13営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。
・受講者変更:コース開始日の7営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。

コース価格には、コース受講、iLabsのID(6か月間有効)、認定資格試験(コース開始後1年以内に受験が必要)バウチャを含みます。認定資格試験はコースの受講終了日以降に受験者自身で日程を決めて申込み、受験します。

持参品
・ASPENサイトのUsernameとPassword
・iLabsのUsernameとPassword
[参考] EC-Council認定プログラム ガイドライン
 https://www.topout.co.jp/trainings/ec-council_guideline.html

CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)  2024/7/30~8/2 (オンライン)(開催日:2024年7月30日~2024年8月2日)

概要

スケジュールコード15502研修コード02GFO028研修タイプハイブリッド研修(組み合わせ)
研修名CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)  2024/7/30~8/2 (オンライン)
カテゴリ技術研修/芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)445,500円定員(名)8
受講実施日数(日)4履修時間(H)32開催日程(期間)2024/07/30~2024/08/02
開催時間10:00~18:00開場時間9:30会場オンライン
スケジュールコード
15502
研修コード
02GFO028
研修タイプ
ハイブリッド研修(組み合わせ)
研修名
CHFI (Computer Hacking Forensic Investigator)  2024/7/30~8/2 (オンライン)
カテゴリ
技術研修/芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
445,500円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
4
履修時間(H)
32
開催日程(期間)
2024/07/30~2024/08/02
開催時間
10:00~18:00
開場時間
9:30
会場
オンライン

研修内容

CHFIv10は、サイバー攻撃等のセキュリティインシデントの痕跡を特定し、必要な証拠を適切に収集・分析する「デジタルフォレンジック」について習得するコースです。証拠であるデジタルデータの収集・検査・分析・報告プロセスにおける方法論や手順について学習します。また、WindowsやLinux等のPC環境だけでなく、ネットワーク、モバイル、クラウド、IoT等、様々な環境のデジタルフォレンジックにも触れており、非常に幅広い内容となっています。

1.今日の社会におけるコンピュータフォレンジック
2.コンピュータフォレンジック調査プロセス
3.ハードディスクとファイルシステムについて
4.データの取得と重複
5.反フォレンジック技術を打ち破る
6.ウィンドウズフォレンジック
7.LinuxとMacフォレンジック
8.ネットワークフォレンジック
9.Web攻撃の調査
10.ダークウェブフォレンジック
11.データベースフォレンジック
12.クラウドフォレンジック
13.電子メールの犯罪の調査
14.マルウェアフォレンジック
15.モバイルフォレンジック
16.IoTフォレンジック

効果(到達目標)

・インシデント対応に必要なデジタルフォレンジックの手順について説明できる。
・適切に証拠を保全し、検査・分析ができる。
・EC-Council CHFI(認定ハッキングフォレンジックインベスティゲーター)試験合格

対象

・サイバーフォレンジック調査員
・セキュリティエンジニア
・セキュリティコンサルタント
・インシデントレスポンダー
・SOCアナリスト
・インフラエンジニア
・ネットワークエンジニア
・システム管理者

教材

前提知識

下記のコースを受講された方、もしくは同等の知識をお持ちの方。
・EC-Council CND
また、下記のコース受講や実務経験があると講座内容がより理解しやすくなります。
・EC-Council CEH受講
・ネットワーク構築
・ネットワークトラブルシュート
・パケット解析
・ペネトレーションテスト
・デジタルフォレンジック

関連サイト

備考

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の14営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の13営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の13営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。
・受講者変更:コース開始日の7営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。

コース価格には、コース受講、iLabsのID(6か月間有効)、認定資格試験(コース開始後1年以内に受験が必要)バウチャを含みます。認定資格試験はコースの受講終了日以降に受験者自身で日程を決めて申込み、受験します。

持参品
・ASPENサイトのUsernameとPassword
・iLabsのUsernameとPassword
[参考] EC-Council認定プログラム ガイドライン
 https://www.topout.co.jp/trainings/ec-council_guideline.html

お問い合わせ

※お問い合わせ先で「芝大門塾」を選択してお問い合わせください。

お問い合わせ

※お問い合わせ先で「芝大門塾」を選択してお問い合わせください。

トップに戻る