東芝ビジネスエキスパート株式会社

情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編

概要

研修グループ名情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編研修タイプ集合研修
研修グループ名
情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編
研修タイプ
集合研修

研修内容

組織において情報セキュリティ事故が発生した際の対応方法を学ぶコースです。

座学でラックの事故対応のノウハウを学習した後、ファイアウォールやサーバで構成された実機環境を使用し、実際に事故が起きた想定で演習を行います。お客様への謝罪のタイミング、サービスを止めるか否かなどのハンドリングを行う方はもちろん、サーバのログ調査を行うシステム担当者におすすめです。

1.インシデントレスポンス座学
2.インシデントレスポンス実機訓練-訓練説明
3.インシデントレスポンス実機訓練(1回目)
4.情報セキュリティ最新動向
5.インシデントレスポンス実機訓練(2回目)

効果(到達目標)

・インシデント対応を実機環境で体験できる
・インシデント対応体制の構築にあたり、必要な準備事項などを洗い出すきっかけを得られる
・被害者、顧客、警察など対外対応や、社員に対する対社内対応を経験し、具体策を検討できる
・インシデント対応演習を通して、事故防止を含めたリスクコントロールの方針を検討できる

対象

・情報システム・セキュリティ推進部門担当者
・CSIRT要員(管理系)
・CSIRT要員(技術系)
・IT技術者(インフラ系)
・管理職
・一般社員
・SOC(セキュリティ運用)要員
・IT技術者(開発系)
・監査担当

教材

前提知識

・TCP/IPの基本的な知識
・Windowsの基本的な操作
・Linuxの基本的な知識とコマンド操作
※必須ではありません

関連サイト

開催情報

お申し込みはこちらから

情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2023/6/12~13(ラック セミナールーム)(開催日:2023年6月12日~2023年6月13日)

概要

スケジュールコード10266研修コード02GFO021研修タイプ集合研修
研修名情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2023/6/12~13(ラック セミナールーム)
カテゴリ芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)198,000円定員(名)8
受講実施日数(日)2履修時間(H)16開催日程(期間)2023/06/12~2023/06/13
開催時間10:00~17:30開場時間9:30会場主催元手配
スケジュールコード
10266
研修コード
02GFO021
研修タイプ
集合研修
研修名
情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2023/6/12~13(ラック セミナールーム)
カテゴリ
芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
198,000円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
2
履修時間(H)
16
開催日程(期間)
2023/06/12~2023/06/13
開催時間
10:00~17:30
開場時間
9:30
会場
主催元手配

研修内容

組織において情報セキュリティ事故が発生した際の対応方法を学ぶコースです。

座学でラックの事故対応のノウハウを学習した後、ファイアウォールやサーバで構成された実機環境を使用し、実際に事故が起きた想定で演習を行います。お客様への謝罪のタイミング、サービスを止めるか否かなどのハンドリングを行う方はもちろん、サーバのログ調査を行うシステム担当者におすすめです。

1.インシデントレスポンス座学
2.インシデントレスポンス実機訓練-訓練説明
3.インシデントレスポンス実機訓練(1回目)
4.情報セキュリティ最新動向
5.インシデントレスポンス実機訓練(2回目)

効果(到達目標)

・インシデント対応を実機環境で体験できる
・インシデント対応体制の構築にあたり、必要な準備事項などを洗い出すきっかけを得られる
・被害者、顧客、警察など対外対応や、社員に対する対社内対応を経験し、具体策を検討できる
・インシデント対応演習を通して、事故防止を含めたリスクコントロールの方針を検討できる

対象

・情報システム・セキュリティ推進部門担当者
・CSIRT要員(管理系)
・CSIRT要員(技術系)
・IT技術者(インフラ系)
・管理職
・一般社員
・SOC(セキュリティ運用)要員
・IT技術者(開発系)
・監査担当

教材

前提知識

・TCP/IPの基本的な知識
・Windowsの基本的な操作
・Linuxの基本的な知識とコマンド操作
※必須ではありません

関連サイト

備考

ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の16日前:100%

・通常の(HRD)公開研修とは異なります。ご注意ください。

情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2023/8/1~2(ラック セミナールーム)(開催日:2023年8月1日~2023年8月2日)

概要

スケジュールコード10268研修コード02GFO021研修タイプ集合研修
研修名情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2023/8/1~2(ラック セミナールーム)
カテゴリ芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)198,000円定員(名)8
受講実施日数(日)2履修時間(H)16開催日程(期間)2023/08/01~2023/08/02
開催時間10:00~17:30開場時間9:30会場主催元手配
スケジュールコード
10268
研修コード
02GFO021
研修タイプ
集合研修
研修名
情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2023/8/1~2(ラック セミナールーム)
カテゴリ
芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
198,000円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
2
履修時間(H)
16
開催日程(期間)
2023/08/01~2023/08/02
開催時間
10:00~17:30
開場時間
9:30
会場
主催元手配

研修内容

組織において情報セキュリティ事故が発生した際の対応方法を学ぶコースです。

座学でラックの事故対応のノウハウを学習した後、ファイアウォールやサーバで構成された実機環境を使用し、実際に事故が起きた想定で演習を行います。お客様への謝罪のタイミング、サービスを止めるか否かなどのハンドリングを行う方はもちろん、サーバのログ調査を行うシステム担当者におすすめです。

1.インシデントレスポンス座学
2.インシデントレスポンス実機訓練-訓練説明
3.インシデントレスポンス実機訓練(1回目)
4.情報セキュリティ最新動向
5.インシデントレスポンス実機訓練(2回目)

効果(到達目標)

・インシデント対応を実機環境で体験できる
・インシデント対応体制の構築にあたり、必要な準備事項などを洗い出すきっかけを得られる
・被害者、顧客、警察など対外対応や、社員に対する対社内対応を経験し、具体策を検討できる
・インシデント対応演習を通して、事故防止を含めたリスクコントロールの方針を検討できる

対象

・情報システム・セキュリティ推進部門担当者
・CSIRT要員(管理系)
・CSIRT要員(技術系)
・IT技術者(インフラ系)
・管理職
・一般社員
・SOC(セキュリティ運用)要員
・IT技術者(開発系)
・監査担当

教材

前提知識

・TCP/IPの基本的な知識
・Windowsの基本的な操作
・Linuxの基本的な知識とコマンド操作
※必須ではありません

関連サイト

備考

ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の16日前:100%

・通常の(HRD)公開研修とは異なります。ご注意ください。

情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2023/10/19~10/20 (ラック セミナールーム)(開催日:2023年10月19日~2023年10月20日)

概要

スケジュールコード13008研修コード02GFO021研修タイプ集合研修
研修名情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2023/10/19~10/20 (ラック セミナールーム)
カテゴリ芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)198,000円定員(名)8
受講実施日数(日)2履修時間(H)16開催日程(期間)2023/10/19~2023/10/20
開催時間10:00~17:30開場時間9:30会場主催元手配
スケジュールコード
13008
研修コード
02GFO021
研修タイプ
集合研修
研修名
情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2023/10/19~10/20 (ラック セミナールーム)
カテゴリ
芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
198,000円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
2
履修時間(H)
16
開催日程(期間)
2023/10/19~2023/10/20
開催時間
10:00~17:30
開場時間
9:30
会場
主催元手配

研修内容

組織において情報セキュリティ事故が発生した際の対応方法を学ぶコースです。

座学でラックの事故対応のノウハウを学習した後、ファイアウォールやサーバで構成された実機環境を使用し、実際に事故が起きた想定で演習を行います。お客様への謝罪のタイミング、サービスを止めるか否かなどのハンドリングを行う方はもちろん、サーバのログ調査を行うシステム担当者におすすめです。

1.インシデントレスポンス座学
2.インシデントレスポンス実機訓練-訓練説明
3.インシデントレスポンス実機訓練(1回目)
4.情報セキュリティ最新動向
5.インシデントレスポンス実機訓練(2回目)

効果(到達目標)

・インシデント対応を実機環境で体験できる
・インシデント対応体制の構築にあたり、必要な準備事項などを洗い出すきっかけを得られる
・被害者、顧客、警察など対外対応や、社員に対する対社内対応を経験し、具体策を検討できる
・インシデント対応演習を通して、事故防止を含めたリスクコントロールの方針を検討できる

対象

・情報システム・セキュリティ推進部門担当者
・CSIRT要員(管理系)
・CSIRT要員(技術系)
・IT技術者(インフラ系)
・管理職
・一般社員
・SOC(セキュリティ運用)要員
・IT技術者(開発系)
・監査担当

教材

前提知識

・TCP/IPの基本的な知識
・Windowsの基本的な操作
・Linuxの基本的な知識とコマンド操作
※必須ではありません

関連サイト

備考

ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の16日前:100%

・通常の(HRD)公開研修とは異なります。ご注意ください。

情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2023/12/4~12/5 (ラック セミナールーム)(開催日:2023年12月4日~2023年12月5日)

概要

スケジュールコード13009研修コード02GFO021研修タイプ集合研修
研修名情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2023/12/4~12/5 (ラック セミナールーム)
カテゴリ芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)198,000円定員(名)8
受講実施日数(日)2履修時間(H)16開催日程(期間)2023/12/04~2023/12/05
開催時間10:00~17:30開場時間9:30会場主催元手配
スケジュールコード
13009
研修コード
02GFO021
研修タイプ
集合研修
研修名
情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2023/12/4~12/5 (ラック セミナールーム)
カテゴリ
芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
198,000円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
2
履修時間(H)
16
開催日程(期間)
2023/12/04~2023/12/05
開催時間
10:00~17:30
開場時間
9:30
会場
主催元手配

研修内容

組織において情報セキュリティ事故が発生した際の対応方法を学ぶコースです。

座学でラックの事故対応のノウハウを学習した後、ファイアウォールやサーバで構成された実機環境を使用し、実際に事故が起きた想定で演習を行います。お客様への謝罪のタイミング、サービスを止めるか否かなどのハンドリングを行う方はもちろん、サーバのログ調査を行うシステム担当者におすすめです。

1.インシデントレスポンス座学
2.インシデントレスポンス実機訓練-訓練説明
3.インシデントレスポンス実機訓練(1回目)
4.情報セキュリティ最新動向
5.インシデントレスポンス実機訓練(2回目)

効果(到達目標)

・インシデント対応を実機環境で体験できる
・インシデント対応体制の構築にあたり、必要な準備事項などを洗い出すきっかけを得られる
・被害者、顧客、警察など対外対応や、社員に対する対社内対応を経験し、具体策を検討できる
・インシデント対応演習を通して、事故防止を含めたリスクコントロールの方針を検討できる

対象

・情報システム・セキュリティ推進部門担当者
・CSIRT要員(管理系)
・CSIRT要員(技術系)
・IT技術者(インフラ系)
・管理職
・一般社員
・SOC(セキュリティ運用)要員
・IT技術者(開発系)
・監査担当

教材

前提知識

・TCP/IPの基本的な知識
・Windowsの基本的な操作
・Linuxの基本的な知識とコマンド操作
※必須ではありません

関連サイト

備考

ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の16日前:100%

・通常の(HRD)公開研修とは異なります。ご注意ください。

情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2024/1/15~1/16 (ラック セミナールーム)(開催日:2024年1月15日~2024年1月16日)

概要

スケジュールコード13010研修コード02GFO021研修タイプ集合研修
研修名情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2024/1/15~1/16 (ラック セミナールーム)
カテゴリ芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)198,000円定員(名)8
受講実施日数(日)2履修時間(H)16開催日程(期間)2024/01/15~2024/01/16
開催時間10:00~17:30開場時間9:30会場主催元手配
スケジュールコード
13010
研修コード
02GFO021
研修タイプ
集合研修
研修名
情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2024/1/15~1/16 (ラック セミナールーム)
カテゴリ
芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
198,000円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
2
履修時間(H)
16
開催日程(期間)
2024/01/15~2024/01/16
開催時間
10:00~17:30
開場時間
9:30
会場
主催元手配

研修内容

組織において情報セキュリティ事故が発生した際の対応方法を学ぶコースです。

座学でラックの事故対応のノウハウを学習した後、ファイアウォールやサーバで構成された実機環境を使用し、実際に事故が起きた想定で演習を行います。お客様への謝罪のタイミング、サービスを止めるか否かなどのハンドリングを行う方はもちろん、サーバのログ調査を行うシステム担当者におすすめです。

1.インシデントレスポンス座学
2.インシデントレスポンス実機訓練-訓練説明
3.インシデントレスポンス実機訓練(1回目)
4.情報セキュリティ最新動向
5.インシデントレスポンス実機訓練(2回目)

効果(到達目標)

・インシデント対応を実機環境で体験できる
・インシデント対応体制の構築にあたり、必要な準備事項などを洗い出すきっかけを得られる
・被害者、顧客、警察など対外対応や、社員に対する対社内対応を経験し、具体策を検討できる
・インシデント対応演習を通して、事故防止を含めたリスクコントロールの方針を検討できる

対象

・情報システム・セキュリティ推進部門担当者
・CSIRT要員(管理系)
・CSIRT要員(技術系)
・IT技術者(インフラ系)
・管理職
・一般社員
・SOC(セキュリティ運用)要員
・IT技術者(開発系)
・監査担当

教材

前提知識

・TCP/IPの基本的な知識
・Windowsの基本的な操作
・Linuxの基本的な知識とコマンド操作
※必須ではありません

関連サイト

備考

ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の16日前:100%

・通常の(HRD)公開研修とは異なります。ご注意ください。

情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2024/3/14~3/15 (ラック セミナールーム)(開催日:2024年3月14日~2024年3月15日)

概要

スケジュールコード13011研修コード02GFO021研修タイプ集合研修
研修名情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2024/3/14~3/15 (ラック セミナールーム)
カテゴリ芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)198,000円定員(名)8
受講実施日数(日)2履修時間(H)16開催日程(期間)2024/03/14~2024/03/15
開催時間10:00~17:30開場時間9:30会場主催元手配
スケジュールコード
13011
研修コード
02GFO021
研修タイプ
集合研修
研修名
情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2024/3/14~3/15 (ラック セミナールーム)
カテゴリ
芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
198,000円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
2
履修時間(H)
16
開催日程(期間)
2024/03/14~2024/03/15
開催時間
10:00~17:30
開場時間
9:30
会場
主催元手配

研修内容

組織において情報セキュリティ事故が発生した際の対応方法を学ぶコースです。

座学でラックの事故対応のノウハウを学習した後、ファイアウォールやサーバで構成された実機環境を使用し、実際に事故が起きた想定で演習を行います。お客様への謝罪のタイミング、サービスを止めるか否かなどのハンドリングを行う方はもちろん、サーバのログ調査を行うシステム担当者におすすめです。

1.インシデントレスポンス座学
2.インシデントレスポンス実機訓練-訓練説明
3.インシデントレスポンス実機訓練(1回目)
4.情報セキュリティ最新動向
5.インシデントレスポンス実機訓練(2回目)

効果(到達目標)

・インシデント対応を実機環境で体験できる
・インシデント対応体制の構築にあたり、必要な準備事項などを洗い出すきっかけを得られる
・被害者、顧客、警察など対外対応や、社員に対する対社内対応を経験し、具体策を検討できる
・インシデント対応演習を通して、事故防止を含めたリスクコントロールの方針を検討できる

対象

・情報システム・セキュリティ推進部門担当者
・CSIRT要員(管理系)
・CSIRT要員(技術系)
・IT技術者(インフラ系)
・管理職
・一般社員
・SOC(セキュリティ運用)要員
・IT技術者(開発系)
・監査担当

教材

前提知識

・TCP/IPの基本的な知識
・Windowsの基本的な操作
・Linuxの基本的な知識とコマンド操作
※必須ではありません

関連サイト

備考

ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の16日前:100%

・通常の(HRD)公開研修とは異なります。ご注意ください。

情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2024/6/12~6/13 (ラック セミナールーム)(開催日:2024年6月12日~2024年6月13日)

概要

スケジュールコード14931研修コード02GFO021研修タイプ集合研修
研修名情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2024/6/12~6/13 (ラック セミナールーム)
カテゴリ芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)198,000円定員(名)8
受講実施日数(日)2履修時間(H)16開催日程(期間)2024/06/12~2024/06/13
開催時間10:00~17:30開場時間9:30会場主催元手配
スケジュールコード
14931
研修コード
02GFO021
研修タイプ
集合研修
研修名
情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2024/6/12~6/13 (ラック セミナールーム)
カテゴリ
芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
198,000円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
2
履修時間(H)
16
開催日程(期間)
2024/06/12~2024/06/13
開催時間
10:00~17:30
開場時間
9:30
会場
主催元手配

研修内容

組織において情報セキュリティ事故が発生した際の対応方法を学ぶコースです。

座学でラックの事故対応のノウハウを学習した後、ファイアウォールやサーバで構成された実機環境を使用し、実際に事故が起きた想定で演習を行います。お客様への謝罪のタイミング、サービスを止めるか否かなどのハンドリングを行う方はもちろん、サーバのログ調査を行うシステム担当者におすすめです。

1.インシデントレスポンス座学
2.インシデントレスポンス実機訓練-訓練説明
3.インシデントレスポンス実機訓練(1回目)
4.情報セキュリティ最新動向
5.インシデントレスポンス実機訓練(2回目)

効果(到達目標)

・インシデント対応を実機環境で体験できる
・インシデント対応体制の構築にあたり、必要な準備事項などを洗い出すきっかけを得られる
・被害者、顧客、警察など対外対応や、社員に対する対社内対応を経験し、具体策を検討できる
・インシデント対応演習を通して、事故防止を含めたリスクコントロールの方針を検討できる

対象

・情報システム・セキュリティ推進部門担当者
・CSIRT要員(管理系)
・CSIRT要員(技術系)
・IT技術者(インフラ系)
・管理職
・一般社員
・SOC(セキュリティ運用)要員
・IT技術者(開発系)
・監査担当

教材

前提知識

・TCP/IPの基本的な知識
・Windowsの基本的な操作
・Linuxの基本的な知識とコマンド操作
※必須ではありません

関連サイト

備考

ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の16日前:100%

・通常の(HRD)公開研修とは異なります。ご注意ください。

情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2024/8/8~8/9 (ラック セミナールーム)(開催日:2024年8月8日~2024年8月9日)

概要

スケジュールコード14932研修コード02GFO021研修タイプ集合研修
研修名情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2024/8/8~8/9 (ラック セミナールーム)
カテゴリ芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ価格(税込)198,000円定員(名)8
受講実施日数(日)2履修時間(H)16開催日程(期間)2024/08/08~2024/08/09
開催時間10:00~17:30開場時間9:30会場主催元手配
スケジュールコード
14932
研修コード
02GFO021
研修タイプ
集合研修
研修名
情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編 2024/8/8~8/9 (ラック セミナールーム)
カテゴリ
芝大門技術塾/ネットワーク・セキュリティ
価格(税込)
198,000円
定員(名)
8
受講実施日数(日)
2
履修時間(H)
16
開催日程(期間)
2024/08/08~2024/08/09
開催時間
10:00~17:30
開場時間
9:30
会場
主催元手配

研修内容

組織において情報セキュリティ事故が発生した際の対応方法を学ぶコースです。

座学でラックの事故対応のノウハウを学習した後、ファイアウォールやサーバで構成された実機環境を使用し、実際に事故が起きた想定で演習を行います。お客様への謝罪のタイミング、サービスを止めるか否かなどのハンドリングを行う方はもちろん、サーバのログ調査を行うシステム担当者におすすめです。

1.インシデントレスポンス座学
2.インシデントレスポンス実機訓練-訓練説明
3.インシデントレスポンス実機訓練(1回目)
4.情報セキュリティ最新動向
5.インシデントレスポンス実機訓練(2回目)

効果(到達目標)

・インシデント対応を実機環境で体験できる
・インシデント対応体制の構築にあたり、必要な準備事項などを洗い出すきっかけを得られる
・被害者、顧客、警察など対外対応や、社員に対する対社内対応を経験し、具体策を検討できる
・インシデント対応演習を通して、事故防止を含めたリスクコントロールの方針を検討できる

対象

・情報システム・セキュリティ推進部門担当者
・CSIRT要員(管理系)
・CSIRT要員(技術系)
・IT技術者(インフラ系)
・管理職
・一般社員
・SOC(セキュリティ運用)要員
・IT技術者(開発系)
・監査担当

教材

前提知識

・TCP/IPの基本的な知識
・Windowsの基本的な操作
・Linuxの基本的な知識とコマンド操作
※必須ではありません

関連サイト

備考

ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の16日前:100%

・通常の(HRD)公開研修とは異なります。ご注意ください。

お問い合わせ

※お問い合わせ先で「芝大門塾」を選択してお問い合わせください。

お問い合わせ

※お問い合わせ先で「芝大門塾」を選択してお問い合わせください。

トップに戻る