パフォーマンスの見える化

デジタルトランスフォーメーション時代に必要な、総合的ITスキルを可視化するアセスメント
GAIT2.0

2012年にリリースされたGAITは8年が経ち、DX時代に求められる総合的なITスキルを可視化するツールとしてGAIT2.0に生まれ変わりました。

GAIT2.0は、クラウドをはじめとするIT インフラからAI・IoT・データ利活用まで多様化するIT分野を網羅したスキルアセスメントツールです。

レポートイメージ
レポートイメージ

GAIT2.0からの新領域

GAITは7フィールド22カテゴリのIT技術領域を評価対象としましたが、GAIT2.0はDX対応するために「DX技術」と「DX利活用」の2フィールド5カテゴリを追加し、従来のインフラ関連技術を5フィールド15カテゴリに再編しました。

GAIT2.0の領域

① インフラ領域(5フィールド)

  • インフラストラクチャ(ハードウェア系)
  • OS&ミドルウェア(ソフトウェア系)
  • アプリケーション
  • クラウド
  • セキュリティ

② DX領域(2フィールド)

  • DX技術
  • DX利活用

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

ご相談・お問い合わせはこちら別ウィンドウで開きます