パフォーマンスの見える化

DXエンジニアの発掘と育成のためのアセスメントサービス
DX GAIT

DX GAITは、IoT、AIの要素技術の理解、関連する数学・統計学のバックグラウンド、そして産業分野における技術活用まで、 DXエンジニアに求められるスキルを可視化するアセスメントツールです。

技術活用

引用元:https://www.jtp.co.jp/services/hr/dx-gait/ 別ウィンドウで開きます

DX GAITの3つのフィールド
IoT、AI、技術活用の3つのフィールドに関するスキルを評価

IoT

センサー/デバイス、通信/ネットワーク、プラットフォーム、アプリケーションなど、IoTのシステム構成に必要な要素技術に対する理解や、関連する数学・統計学の知識、さらに実際のシステム実装のスキルを評価します。

AI

機械学習、深層学習、深層強化学習などの解析手法とその実装に対する理解、関連する数学・統計学の知識、プログラミング言語とその主要ライブラリを活用した実際のシステム実装のスキルを評価します。

技術活用

製造、小売/飲食、医療、金融、農林、運輸、土木、社会インフラなどの産業分野、そしてEコマースやソーシャルメディアにおけるIoT、AIのさまざまな技術活用とビジネス実装の知識を評価します。

DX GAITの活用

現状を可視化

組織内のIT部門や関連するビジネス部門に対してアセスメントを実施することで、IT人材の多様性や、 DX領域に対するスキルレベルの現状を可視化します。

チームや部門の再編と人材配置

DX領域の要素技術だけでなく、数学・統計学の知識、関心・意欲なども可視化されるため、DX専門チームや部門の再編と適切な人材配置が可能になります。

効果的な人材育成

アセスメントデータの分析にもとづく最適な学習デザインと教育プログラムの実施により、個人に合わせた効果的な人材育成が可能になります。

エンジニアの多様性を可視化

GAITとDX GAITそれぞれのスコアの相関関係から、エンジニアのスキルの多様性が可視化できます。
これら多様性を把握することで、DXエンジニアのモデル構築や育成計画の策定、さらに社内育成を通したDXエンジニアの発掘を進めることができます。

GAIT/DX GAIT 相関関係イメージ図

技術活用

Zone A:デジタルイノベーション時代に企業で重宝すべき DXエンジニア
Zone B:今後、DXエンジニアを目指すべき層 or アーキテクト、プロジェクトマネージャー

引用元:https://www.jtp.co.jp/services/hr/dx-gait/ 別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

ご相談・お問い合わせはこちら別ウィンドウで開きます