芝大門塾のご案内2021
4/64

芝大門塾とは*HPI(Human Performance Improvement)とは、パフォーマンス・コンサルティングの手法です。ビジネス成果を高めるために、単に研修を行うという発想ではなく、必要なビジネス成果を明確にした上で組織の資源を適切に組み合わせて、処方(インターベンション)を提案・実行します。この手法を適切なPDCAで実行していくことにより「ソリューション」に導いていくプロセスです。ビジネス分析処方の実施結果の評価パフォーマンス分析原因分析処方の設計ギャップ■研修 ■ワークショップ ■コーチング ■アクションラーニング ■内製化支援個人の行動特性と資質のギャップがある項目にあわせて、課題を強化するための推奨プログラムを「最適な時期・手法・回数」で設計してご提案します。育成プログラムの効果が実業務に活かされているかを確認するためのプログラムを用意しています。■セルフコーチング ■サポートデスク■アクションフォロー ■ワークショップ■アセスメント再受診■パフォーマンス分析■チーム・サーベイ■カウンセリング■ヒアリング確認プログラム育成プログラムビジネスゴールと実際のパフォーマンスとのギャップを分析し、原因を特定します。原因分析 ビジネスゴールの確認を行い、成果目標と人材パフォーマンスとの関係性を明確にします。ビジネス分析 パフォーマンスの見える化→詳しくはP.17~27→詳しくはP7~15、P37~57人材育成を考えるとき、個々の人材や組織のパフォーマンスの状態を確認することが重要です。各種パフォーマンス分析ツールの客観的な指標で、本来の適正・資質・思考スタイル・価値観・スキルなどを可視化することにより、今後の可能性や伸びしろが測れます。芝大門塾とは芝大門塾は、研修プログラムを提供することだけでなく、人材育成フレームワークで組織・個人の育成を支援します。このフレームワークはHPI(Human Performance Improvement)*に準拠しており、必要なビジネス成果を明確にした上で、処方(インターベンション=育成プログラム)を提案・実行し、PDCAを回していきます。芝大門塾は、人材育成フレームワークで組織・個人の育成を支援■ 企業の研修ご担当者様とともに「学びをデザイン」する研修プログラムを提供芝大門塾は、企業のビジネス課題に取り組む「研修運営のご担当者様」のパートナーとして、コーディネートやプランニングを支援しています。2020年に発生した新型コロナウイルス感染(COVID-19)の感染拡大時においても、「新入社員研修」を安全や品質に配慮したオンライン研修と集合研修のハイブリッドプログラムに変更し、4月からご提供するなど刻々と変化する社会環境の中、「受講者の主体的な学び」に配慮したサービスを実現しました。2

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る