芝大門塾のご案内2021
12/64

RPA導入推進人材育成プログラム  人材育成フレームワーク処方の設計ビジネス分析原因・分析処方の実施パフォーマンス分析結果の評価ベーススキル強化RPA導入推進人材育成プログラム今、働き方改革や業務効率化実現に向けて、「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」が注目されています。効果的にRPA化するためには、業務を分析・フロー化し、課題を抽出し、RPA化・運用改善を計画することが重要であり、現行業務の廃止・変更を促し、検討を牽引し、新しい業務フローを企画・立案できる人材が必要です。芝大門塾では、基本となる「業務改善研修」から「各ツールの特長を知り、効果的な導入を促すツール研修」まで幅広く提供いたします。①業務を棚卸し、一覧化②改善対象の抽出 ● 課題抽出 ● ヒアリング③現在の業務フロー作成④関係部署、他業務との連携確認⑤情報の重要度、機密性、求められるスピード、時期、利用者等の情報の整理①業務の整理 ● 関連する業務を集める ● 効率の良い流れを検討 ● 不要な作業の抽出②改善計画検討 ● 運用で改善できる点 ● デジタル化が望ましい点③品質面での検討・検証 ● 情報の重要度、機密性に基づいた内容になっているか検証④本部への提案①デジタル化する場合 ● 新しい業務フローの作成 ● 適したツールの選定  ● Excel  ● Access  ● WinActor、UiPathなど ● ロボット化実行②運用改善する場合 ● 新しい業務フローの作成①運用マニュアル作成 ● デジタル利用の場合 ● 手動の場合②チェック機能の確立③運用テスト④関係者への説明実施● 業務の棚卸、一覧化、業務フロー作成ができる● ヒアリングにより課題を抽出、整理できる● 情報の整理ができる● 業務を整理できる● デジタル化でできることを知っており、デジタル化を検討できる● 品質に関する知識をもっており、品質面での検討・検証が行える● 改善計画をまとめ、本部に提言できる● ベンダー企業とともに、新しい業務フローの検討、作成ができる● 適したツール選定にあたり意見を出すことができる● 運用マニュアルを作成できる● 品質に関する知識をもっており、適正なチェック機能を確立できる● 運用テストを行える● 関係者に説明し、納得感をもって受け入れてもらえる※印がついているコースの詳細についてはお問い合わせくださいStep 1Step 2Step 3Step 4業務棚卸・改善対象の抽出運用準備・実行改善計画検討デジタル化運用改善実行RPA化運用改善IBBK101RPA/UiPath研修入門編【1日】Accsss基礎【1日】※Accsss応用【1日】※Excel基礎【1日】※Excel応用【1日】※ExcelマクロVBA【1日】※TOHS204問題発見解決基礎【1日】TOBK101業務効率化【1日】TOBK102RPA導入計画基礎【0.5日】品質管理研修基礎編【1日】※RPA導入推進人材に必要なスキル導入ステップ各デジタル手段の特性を理解するベーススキル育成業務の分析・フロー化、課題を抽出し、RPA化・運用改善を計画できる特集 : ニューノーマル、変わり続ける時代の人材育成NewNewNewIBHS001 メンター研修【1日】凡例:コースコード:DX人材ベーススキル育成プログラム:新規研修講座名【日数】New10

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る