ITスキルアップ

事例紹介多様な働き方への対応と
生産性の向上へ!
社員のIT活用を高める取り組みを紹介

東芝全社ITスキルアップ教育

働き方改革推進の一環として、グループ従業員のITスキルを向上させる目的の取り組みとして実施しています。本教育により、業務へのITの活用レベルを高めて、多様な働き方への対応、生産性の向上を図ります。本教育では、スキルの数字化、目標値の設定、目標達成を支援するスキルアップサイクルで展開しています。

スキルアップサイクル

ITスキルアップを高めるためのフレームワークを定め活動。繰り返すことで、スキルを高め、スキルの幅(分野)を広げます。

スキルアップサイクル

本活動の仕組み

スキルの数字化、目標値の設定、目標達成を支援するスキルアップサイクルとして、以下のような仕組みを準備しました。

ITスキル数値化/スキルチェックシート

教育コンテンツ

目標のレベルの教育コンテンツを準備し、多様なニーズに合わせて2種類の方法で展開

  • eラーニング:主に機能別のマイクロラーニングを準備。業務の隙間時間、毎日コツコツ学習
  • オンライン研修:4級、3級を目標時間をとって学習、質疑応答も実施

(例)「Teamsの基本的な使い方」、「会議でのTeams活用」など

教育コンテンツ

教育成果

〈ある組織の結果の例〉
組織目標を3級として取り組みをした結果、5級者と4級者がレベルアップ。コロナ禍の在宅勤務の増加に対応、オンライン会議の活用が大幅に進みました。

教育成果

参加者の声

参加者の声参加者の声

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

ご相談・お問い合わせはこちら別ウィンドウで開きます